• toyo

自然の庭 大利さん

970坪の自然の庭を解放されている大利さんを訪問しました。大利さんは半島の美しさに魅了されて、14年前に神戸から移住されたそうです。精神障がいのある子ども達の受け入れもされています。最初は心を閉ざしている子どもも、庭で遊んだり、料理を一緒にする事で、少しずつ打ちとけるそうです。自宅で全く家族と喋らない女の子が別れ際にありがとうって言ってくれて、迎えに来た親御さんがびっくりすることもあるそうです。

心に残った大利さんのお話をひとつ。

「植物も人間の世界も変わらないの。みんな弱肉強食の世界で生きているのよ。 私が素敵だなぁって思って、キレイな花をどこかから持ち帰って植えるとするでしょ。

でもね、ただキレイなだけの花は自然の中で生きていけないのよ。絶対に枯れちゃう。

ところがね、2、3年後にまた芽がでるのよ!時には違う場所で芽を出したり、時には見た目を変えていたり、環境に合わせて変えていくの。

そして、そうやって生まれ変わった花は、もとの花とは比べものにならないくらい、ものすごく強くなってるのよ。素晴らしいと思わない?」

大利さんのお庭からハーブをいくつか頂戴して、自宅に植えました。

7月の西日本を襲った豪雨で庭に植えた苗が根こそぎ、無くなっていました。

でもその3週間後、無くなったっと思っていた土から、3葉芽を出してくれたんです。きっと強く育つことでしょう。

I visited Otoshi-san, she is living in the mountain resort and open her huge garden for everybody. She accepts some children having mental and physical disorder also. She plays with them at the natural garden and cooking together. A girl she have never speak to her family, but she said “arigato” to Otoshi-san when she leave the place. They can open up their mind to her. She is an amazing person. I moved by her philosophy. She says Plants and human beings are same. They are living in survival of the fittest. If she bring a beautiful flower from somewhere, just beautiful flower can not live in the nature garden, and gone. But few years later, she could find a sprout of the flower again, sometime the flower grows up different place where she planted. Sometimes the flower changes the looks. Plants know how to live in new environment, the re-born flower is very strong. I got some herbs from her garden, planted today.

68回の閲覧

瀬戸アグリトピア

愛媛県西宇和郡伊方町大久2465-1

Tel 0894-53-0002  
Fax 0894-53-0999
Email:info@setoagritopia.com

Follow Us:

  • Instagramの - ホワイト丸